Rubyだと

Open3.capture3(“sudo -S command”, :stdin_data => “password¥n”)

だけなので楽ちん。

sudoのパスワード渡すとこの実装をptyでやるのめんどいから何かいい方法無いかと探したらsudo -Sでstdinにパスワード投げつければよいというのを知った。

あまりにもやる気のない出来だったので対策版も出さずに流通分で打ち切りかな。限定販売と言ってた気がするし。

send_file()はItamaeで必要になるっぽいのね。

とりあえず軽く実装出来た。Serverspecはバックエンドにrun_command()が実装されていれば動くのかしら。send_file()とかも必要かな?

引数がネストし始めると訳が分からなくなる。

最近の安Android端末には最初からケースが同梱されてるのね。

今日は「現代に蘇ったPerl」というフレーズをやたら聞くな。

Show more
playground

An instance for playground.ws members.